おすすめ映画

大ヒット映画の「アナと雪の女王」について

小さい女の子は、プリンス系の映画が大好きだと思うので、今回は、大ヒット映画である『アナと雪の女王』について書いていきたいと思います。 私の子供にも、5歳の女の子がいるので、その映画を見て、どういった反応だったかも書いていきたいと思います。

これは多くの人から人気があるので、見たことがある人の方が多いと思います。 CGで氷の世界が美しく描かれている所が必見です。 プリンス系の映画では、ミュージカルの部分があるものですが、アナと雪の女王では、他の作品よりもミュージカル部分が多くあり、そのひとつひとつの心が揺さぶられます。 今までにはなかったような、2人のプリンスを主人公とした作品で、ワクワクドキドキするような恋愛模様も含まれている所が、人気の要因なのかもしれません。

エルサには不思議な能力があり、エルサが素手で触れた物は全て凍ってしまうのです。 2人が小さい頃に、遊んでいる最中に誤って、エルサの魔法がアナの頭に当たってしまい、意識不明の状態になってしまい、両親がアナを救うために、トロールたちに助けを求め、助けてもらいましたが、エルサの魔法の記憶を全て失い、記憶を書き換えてしまいました。

日に日にエルサの魔法の力が強くなってしまい、危険に思い、城の門を閉ざされることになりました。また今まで仲が良かった2人も記憶を書き換えてから、エルサがアナを突き放し、今までのように遊ぶことはなくなってしまったのです。 そしてアナはどうして遊んでもらえないのかを知らずまま大きくなりました。

エルサが成人して、女王をして即位継承することになった時に、何年も閉ざされていた門が開かれました。

エルサは、魔法のことを誰にも知られないように、自分の感情を殺して、1日を乗り切ろうをしましたが、アナは、久しぶりに外界と接触することが出来ることで、新しい出会いを夢を見て、戴冠式前に、外界に出て、招待乗客の中から、隣の国の王子であるハンスと出会いました。

そして今まで、そういたことがないことから、運命と感じてしまい、その日に結婚の約束までしてしまいました。

そして戴冠式のパーティー中にエルサにハンスとの婚約を告げると、エルサは驚き、2人の婚約を反対すると、アナは今までのことに嫌気がさし、2人は口論になってしまったのです。

そしてアナがエルサのしていたグローブが取れてしまい、魔法が暴走してしまって、色々な人に魔法を見られてしまい、焦ったエルサは、大国から逃げ出してしまいました。

そして大国は、夏だったのが永遠の冬に閉ざされてしまったのです。 エルサは、ノースマウンテンに自分の魔法の力を使い、自分だけの城を作りました。

そしてアナは、冬を終わらせるために、エルサの元に1人で向かい、向かっている途中で出会った、スベンというトナカイをつれた、クリストフにエルサの所まで連れて行ってもらうことになったのです。

そしてその途中でエルサが作った、雪だるま出る「オラフ」に出会いました。 城までいたのはいいのですが、エルサは聞く耳を持たないだけではなく、再び自分の魔法でアナを傷つけてしまったのです。 それを見たクリストフは、トロールの所にアナを連れていき、見てもらいましたが、心に刺さった氷を取ることは、難しく、アナを助けるのには、「真実の愛だけ」と言われたので、クリストフは、アナをハンスの元に連れていきました。 そしてアナはハンスにキスを求めましたが、ハンスのそれを知った途端に態度が急変し、大になるために、アナを好きなふりをしていたことを話し始めました、そしてハンスがアナを殺すために、暖炉の火を消し、寒い部屋に閉じ込めました。 そこにオラフが現れ、アナを助けるため、自分が溶けることを知っていながら、暖炉の火をつけました。 そしてクリストフがアナを好きということを、オラフが告げると、鈍感なアナはビックリし、クリストフに会うために、外に出ました。

エルサはというとハンスとその他の人たちが城に訪れ、狙われているので、魔法の力を使い、自分を守りましたが、結局捕まってしまい、自分の城の地下に閉じ込められていましたが、壁破り、外に逃げました。 ハンスはエルサを殺すために、エルサの所に行ったら逃げられていたので、外に探しに行き、エルサを剣で殺そうとしましたが、それを見たアナがエルサを助けるために、エルサを守ると同時に、全身が凍ってしまいました。

それを見たエルサは、アナを抱きしめて泣くと、アナは凍っていた体が溶け始め、元に戻りました。 そしてこれが真実の間ということに気づき。エルサは永遠の冬を終わらせることが出来、大国は夏を取り戻したのです。 オラフは、エルサに頭の上に雪をずっと降らせてもらえるようになり、溶けることなく過ごせるようになりました。 そしてハンスは、拘束され、国に返されました。 クリストフはというと、王室専属の氷配達人に任命され、アナの恋人になったのです。 そしてエルサは、もう城の門を閉じないことを約束して、城の広場の地面を凍らせて、国民やアナたちと真夏のスケートを楽しいました。

このようなお話がアナと雪の女王です。 今までのプリンス系のお話とは、違い本当にハラハラドキドキするようなお話になっていて、予測が出来ません。 この作品は、監督であるクリス・バックさんは「家族の絆の強さ」をテーマにして制作したようです。 私は、映画館に行って見ることが出来なかったのですが、レンタルで見ると、娘がハマり、何回も借りてみています。レット・イット・ゴーも気に入ったようで、よく歌っていました。 レンタルは出たばかりの頃はとても人気で、私たちがレンタルできるまでにすごく日にちがかかりました。 またエルサの魔法で作られた「オラフ」のぬいぐるみやストラップなどが多く出ましたが、欲しいと言われて、買いました。 このように私の娘は、「アナと雪の女王」がとても大好きな作品の1つでもあります。 またアナとハンスが歌っていた、「とびら開けて」は、多くの人が口パクで動画を撮り、YouTubeにアップされるほど人気になりました。 YouTubeで「とびら開けて」を検索すると、多くの人の動画が出てきますので、気になる人は検索してみるといいでしょう。

このように「アナと雪の女王」は、多くに人に好まれたとても人気の作品ですし、大人の私が何回も見ていても飽きないので、とてもおすすめに映画の1つです。 まだ見たことがないという人は、少ないかもしれませんが、いるようでしたら是非見てみてはどうでしょうか。